さまざまなニーズ

海04

薬剤師しなりたい人、薬剤師の方は、薬剤師の転職の基礎知識を知っておくとお仕事に役立ちます。薬剤師もいろんな職場があり、病院、調剤、薬局、研究職、営業とさまざまなにニーズに応えています。病院では医師、看護師と連携し臨床薬剤師として、患者様の状態をしっかり把握しないとなりません。また、コミュニケーション能力も必須で、科学慮法だけではなくて精神面のケアも大事になります。薬局での調剤業務は、医師から処方された処方箋を元に、薬を調合していきます。ちょっとのミスが命取りになるので正確な作業が求められます。また、処方するお客様に分かりやすくていねいに理解していただけるよう説明しなくてはなりません。薬剤師の資格を持ち、製薬会社に就職したものの病院や薬局、お客様への営業の仕事で理想と現実にくいちがっていたという人も多く職を離れる人もおおいです。薬剤師の転職の基礎知識があれば、このような事は防げたにちがいあいません。国立大学の半分近くが、現在大学院に進学しております。修士課程、博士号を取得して、大学や大手の薬局で研究職で働きたいひとも多いです。薬剤師の転職の基礎知識がないばかりに固執した考えを持っていると大学院の博士号をもっているのに仕事をしていないということになりかねません。研究職は精神的にも、肉体的にも、金銭てきにきついお仕事という認識をはっきり持つことが大切です。視野を広く持ち情報を集める事が大切です。