ドラッグストアや高齢者施設

海09

パートを探しているときによく見かけたのが、薬剤師でした。薬剤師の転職の基礎知識についてですが、まず思いつくのが、薬剤師さんは病院に勤めているものだとばかり思っていました。しかし、最近ではそういったところだけではなく、薬の専門家として、ドラッグストアや、高齢者福祉施設なんかにも勤務されているそうです。なので、薬剤師の転職探す場合、結構選択肢が広いと思いました。次に薬剤師の転職の基礎知識ですが、面接での注意事項です。薬剤師さんは、調剤だけでなく、お客さんと接することがおおく、さらには薬の説明も最近では義務付けられているので、笑顔で対応できるか、などの最低限のコミュニケーション能力があるのかどうか、などもチェックされるそうです。たしかに弱っている時に行くので、薬剤師さんのほんわりとした話し方や、笑顔で結構癒されたりしますので、こういったことは大事なのかもしれません。ほかの専門的な知識なんかは入社後でも覚えれるので、まずは笑顔で答えれるようにしておくほうが良いでしょう。最後に薬剤師の転職の基礎知識ですが、転職先をどういったところに決めておくのが良いそうです。先にも書いたように、就職先が病院だけではないので、給与面や、スキルにあわせて絞り込んでいったほうが良いと思います。ちなみに総合病院の場合は、労働環境が厳しいらしいのですが、その分給与も高いそうで、キャリアアップも望めるそうなので、そういった希望の方は考えてもいいかもしれません。